ヤミ金被害と対策 1000の法則

闇金問題と被害を回避するには。そのための1000の助言。 あなたが一刻も早くその生活から抜け出せますように。

pose_atama_kakaeru_man_credit




しばらく前に「クレジットカードのショッピング枠の現金化」が流行しました。これはヤミ金の手口の一つです。

ヤミ金業者は時折、変わった手口を用いて違法融資を行うことがあります。しかしその本質は一つしかありません。

今回は特殊なヤミ金の手口を見破るポイントについて説明します。


特殊なヤミ金の手口


特殊なヤミ金というものは息が極端に短いのが特徴です。その理由はある業者が変わった融資を行うと他のヤミ金業者も我も我もとマネをして、だんだんそれが世間に広まり、あっという間に取り締まりの対象となってしまうためです。

過去に生じた特殊なヤミ金の一例として以下のようなものがあります。

  • 自動車金融


  •  地方に行くとまだ『車でお金』といった看板を見ることがありますが、これは昔から存在する「自動車金融」というヤミ金の手口。

     マイカーを持って審査に行くと自動車を担保に、高利の貸付けをされます。自動車の名義等はその場でヤミ金のものとして書き換えられます。ただ、自動車そのものはリースとして債務者に貸与されます。つまり傍目にはお金だけを借りて自動車はそのまま使い続けられるというかたちになるのです。

    ただし、高利で返済ができなかったりすれば当然、借金の金利は残り、さらに自動車も奪われるかたちになってしまいます。また、ヤミ金側がごねれば名義は元に戻らず、しかも借用書はそのままで金利が増え続ける状況に陥ってしまうのです。


  • 金貨金融


  •  金貨金融は10年ほど前に流行した特殊なヤミ金です。  この手口はまずは債務者に金貨を購入させます。しかしこの時点で債務者はお金がありません。だから後払いという形式にします。債務者は金貨を購入し、その場で元の売り手に売却。後払いになる分との差額がヤミ金の手数料となるというものです。

     わかりやすくいうと、Aさんが5万円分の金貨を購入。金額の支払いは十日後です。そしてこの金貨をその場で売り手に売却。売り手は下取り価格として2万円をAさんに支払います。Aさんは2万円の現金を手にし、支払いは十日後、5万円。金貨は元の売り手の手元に戻るという手口です。

     この金貨金融は2011年、北海道でヤミ金業者として訴えられましたが、業者側はヤミ金ではないとして控訴。しかしその場で棄却されたというものです。


  • カードの現金化


  •  いまだに細々と残っている手口です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。  「クレジットカードの現金化」と書かれた看板は、今でも繁華街などでちらほらと見かけます。

     クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。このうち、キャッシング枠はその名の通り、現金を借入するためのもの。一方、ショッピング枠は買い物をするための枠です。

     このショッピング枠が10万円空いていたとします。それを買い取り業者に伝えると、業者側は10万円分のPC・デジカメなど、高額商品をカードで買わせます。次にこの商品を業者に指定された場所に郵送すると、業者はこれを下取り価格で買い取り、現金を債務者に渡すという手口です。

     ショッピング枠の現金化の恐ろしいところは、勧誘の文句が「カード枠の95%で現金化」などと述べているにも関わらず、一度カードで商品を購入してしまうと、手数料だの郵送料だのと散々ごねられたあげく、10%も現金が渡されない可能性が圧倒的に高いのです。

     だまされたと思った債務者が、カード会社に連絡をしても、カード会社はショッピング枠を現金化することを認めていません。この結果、借金だけが残り、カードも差し止められてしまうという事例が相次いだのです。

     なおカードの現金化は現在、取り締まりが進んで下火になりつつあります。

特殊なヤミ金の手口に共通するポイント


上記をご覧になられればわかると思いますが、特殊なヤミ金には共通するポイントがあります。

つまるところ特殊なヤミ金というものは「質屋」の手口を用いています。質屋に預ける質草は、一般には高級なブランド品・貴金属・電子機器などが挙げられるでしょう。特殊なヤミ金業者も基本的にはその手口を用いています。

しかし質屋と異なる点は、必ず「法外な利息をつける」点にあること。手持ちの品を売るだけであればそれは犯罪にはなりません。自動車金融で自動車を返さなければ、延々と利息がついてきます。金貨金融も同じです。カードの現金化も同じです。


まとめ


どんな特殊な手口を用いようとヤミ金業者の本質はみんな同じ。利息がついてまわり、そしてそれを返済することができなくなるのです。

では、返済ができなくなるとどうなるか。これは金貨金融が立件された内容で理解できます。金貨金融で返済ができなくなった債務者は、売り手のヤミ金から「返済できないのであれば携帯電話をよこせ、口座を作って郵送しろ」と脅されました。

もうお分かりだと思いますが、たとえどんな手口であっても、ヤミ金のたどる道筋はどれもまったく変わりません。ただ、外側に物品を媒介しているかどうか。それだけに過ぎず、恫喝を繰り返す違法なやり口は常と変わらないことを見抜くように心がけましょう。

money_nouzei_man_sad



人生には不意の出費がつきもの


人生には不意の出費というものが多々あります。急な冠婚葬祭、医療費、入院費、出産費用や出産祝い、ときにどうしても行かなければならない旅費なども生じることでしょう。また思わぬところで罰金が発生することもあります。青空駐車をしたところキップを切られたとか、突然、税金がかかったといったケースです。


不意の出費の中でもいちばんつらいもの


不意の出費の中でも、病気での医療や入院・事故などは命にかかわるものです。病気や事故はときに避けようがないもの。保険未加入の自動車に追突されたとか、自転車に乗った子どもが突っ込んできたとか、地震や火事で家を消失した方は本当に災難です。そしてこれらは相手がどんなに悪くても、慰謝料や治療費をもらうのは至難の業。結局、自分で自腹を切って治療しないといけないのです。


ヤミ金からの借入はなるべく避ける


人生の中で、どうしてもお金をやりくりしないといけないといけないとき。どんな人の人生でもそういうときは必ず生じます。しかし、たとえば多重債務で電気代やガス代、水道料金も満足に払えなかったり、サラ金への返済だけはどうしても優先させたいといった場合、思わずヤミ金から借入をしたくなるかもしれません。

ただ、電気代やガス代などは日雇いのアルバイトを数日入れれば何とかやりくりできることがほとんど。電気会社やガス会社に事前に連絡をして「○日までに○月分を支払って、すぐに追いかけて後の分も払います」と話せば、相手は納期を合わせてくれる可能性もあります。

税金にしても同様です。税務署に話をして「いつまでに幾ら払います」と打合せをすれば大抵は問題なく支払いスパンを伸ばしてくれるはずです。

病院などの医療施設で、とくに高齢者の方などは役所に相談をして生活保護を受けたりすれば医療費を免除してもらうことも可能です。

不意の出費であっても、うまくやりくりをすれば大抵は何とかなるものです。サラ金会社への返済は別ですが、インフラや命に関わる事態の場合、ヤミ金からの借入をするよりも、電気会社や役所など、支払う相手に交渉をした方がずっと無難に問題は解決するはずです。

kaigai_toubou_kokkyou



ヤミ金業者に対して絶対にやらない方が良い行為というものがいくつかあります。これは一言でいえば、ヤミ金の悪意を増長させる行為のことです。

大きくわければ、以下の3つです。

■開き直り・居直り

ヤミ金からお金を借りた後、返済するそぶりがあるうちはまだヤミ金業者も冷静に話をしてきます。しかしジャンプ金(金利のみの返済)すらもできなくなり、返済が滞った後、多くの債務者は携帯電話の電源を落としてしまうでしょう。このとき、ヤミ金は本気で嫌がらせを開始してきます。

ところがそれとは別にヤミ金と連絡を取って「返せない」だけを連呼してヤミ金が諦めるのを待つ人もいます。この開き直り・居直りはヤミ金業者に対しては絶対にNGな行為。ありとあらゆる嫌がらせが始まる上、ヤミ金の中には暴力も厭わない者も存在します。また「だったら働き口を紹介してやるよ」と始まるヤミ金もいます。もちろんこの世の地獄です。

■からかい

また、ヤミ金をからかう行為ももちろん絶対にダメです。ヤミ金業者は暴力をいとわない本物の犯罪者です。ちょっとつっぱりかけた大学生などがおもしろ半分にヤミ金をからかうケースがまれにありますが、学生の通う学校どころか、その親御さんも勤め先もヤミ金にめちゃくちゃにされたという話も存在します。

■一発トビ

それと、いわゆる「一発トビ」を狙う債務者が世の中にはいますが、これもヤミ金を激怒させます。返す気もなくて借金をしたのだとヤミ金に思われるとヤミ金はメンツのためにどこまでも追ってくることになりかねません。

↑このページのトップヘ