money_nouzei_man_sad



人生には不意の出費がつきもの


人生には不意の出費というものが多々あります。急な冠婚葬祭、医療費、入院費、出産費用や出産祝い、ときにどうしても行かなければならない旅費なども生じることでしょう。また思わぬところで罰金が発生することもあります。青空駐車をしたところキップを切られたとか、突然、税金がかかったといったケースです。


不意の出費の中でもいちばんつらいもの


不意の出費の中でも、病気での医療や入院・事故などは命にかかわるものです。病気や事故はときに避けようがないもの。保険未加入の自動車に追突されたとか、自転車に乗った子どもが突っ込んできたとか、地震や火事で家を消失した方は本当に災難です。そしてこれらは相手がどんなに悪くても、慰謝料や治療費をもらうのは至難の業。結局、自分で自腹を切って治療しないといけないのです。


ヤミ金からの借入はなるべく避ける


人生の中で、どうしてもお金をやりくりしないといけないといけないとき。どんな人の人生でもそういうときは必ず生じます。しかし、たとえば多重債務で電気代やガス代、水道料金も満足に払えなかったり、サラ金への返済だけはどうしても優先させたいといった場合、思わずヤミ金から借入をしたくなるかもしれません。

ただ、電気代やガス代などは日雇いのアルバイトを数日入れれば何とかやりくりできることがほとんど。電気会社やガス会社に事前に連絡をして「○日までに○月分を支払って、すぐに追いかけて後の分も払います」と話せば、相手は納期を合わせてくれる可能性もあります。

税金にしても同様です。税務署に話をして「いつまでに幾ら払います」と打合せをすれば大抵は問題なく支払いスパンを伸ばしてくれるはずです。

病院などの医療施設で、とくに高齢者の方などは役所に相談をして生活保護を受けたりすれば医療費を免除してもらうことも可能です。

不意の出費であっても、うまくやりくりをすれば大抵は何とかなるものです。サラ金会社への返済は別ですが、インフラや命に関わる事態の場合、ヤミ金からの借入をするよりも、電気会社や役所など、支払う相手に交渉をした方がずっと無難に問題は解決するはずです。