gang_group_black



ヤミ金業者だと気づくきっかけ


ヤミ金だと気づくきっかけは大抵が以下のようなものです。

利息がべらぼうに高い。初回金利などと話が始まった。何回返済をしても完済できない。少しでも返済が遅れると殺人予告も同然の取立が始まる。こういう事態が繰り返し繰り返し生じることで、あるとき「これはもう絶対完済できないんだ。これがヤミ金なんだ」と、ヤミ金の本質に気づく。

多くのヤミ金被害者はだいたいこのあたりで、自分なりに対応方法を模索するのですが、中には勘の良い人もいます。

いわく、

・背後で怒鳴り声がすごかった。
・ドスのきいたガラの悪い声で話をされた。
・パートナーの親戚の勤め先や、友人の連絡先まで聞いてきた。

というものです。

ではこのようなものがヤミ金かと訊かれたら、それは「可能性はあります」という答えになります。

それは「あいまいな答え」ではなく「正しい答え」なのです。

なぜなら審査を行っている背後で怒鳴り散らすのは、商売の上でも到底良いこととはいえません。ガラの悪い声で話をするのもヤミ金特有です。パートナーの遠い親族の勤め先まで訊ねるのは異常ともいえるでしょう。でもそれは違法な行為ではありません。

そもそも貸金業者というのは、あまりガラの良い業種ではありません。ほんの少し前まで、オールバックにダブルのスーツでサングラスをかけた人が取り立てに来るのが普通の世界でもあったのです。

貸金業法の改正が行われなければ、今でも武富士のような大手サラ金ですら「目玉を売れ、内臓を売れ」と通話口で怒鳴り散らしていたことでしょう。

とくに立ち上げては潰して名称の変更を繰り返しているような「超」零細のサラ金であれば、普段はサラ金として営みつつも、社員それぞれがその場に応じてヤミ金も営んでいるパターンも実はちょくちょく見受けられます。

しかし、問題になるのはその後なのです。


最初の返済が以降の被害の決め手になる。


ドスのきいた声で話をされた。ヤミ金業者の兆候を感じた。そこまではヤミ金被害を回避しようと思う上でも立派な行いです。

しかしそうなると次にこのような思いになってしまう人がいます。

「ああ、ヤミ金なのかな。ヤミ金だったらどうしよう」

そうなると、もう頭の中はヤミ金被害でいっぱい。ヤミ金についてあれこれあれこれ調べ出し、一人で恐怖心をどんどん大きくしていってしまうのです。

そうなると、もしそれが本当にヤミ金だったとすると、最初の取り立てでもう身動きが取れません。ヤミ金業者はそういう相手のこころの動きにとても敏感です。

「お、こいつもうビビってるな」と気づくが早いか「金、どうするんだ」と始まるかもしれません。「金利をつけてちゃんと返済すれば、終わりにしてやるよ」と来るかもしれません。

前者であれば、恐怖のあまり何も考えられなくなってしまいます。パニックになって飛びつくように110番をかける人もいます。典型的なヤミ金地獄のパターンです。後者であれば、ヤミ金の『善意』にすがるようにお金を振り込み始めます。もちろん、結果は同じです。

ヤミ金業者というのは、突き詰めると心理戦で相手を脅してきます。ちんぴらのような連中が、いかにもちんぴらですという格好をするのは、戦う前から相手を怯えさせる意味があるからです。

同じようにヤミ金被害が始まる前から、自分で自分の不安を煽り、恐怖心を大きくしてもしかたがありません。


最後に



地震にも兆候があるように、ヤミ金被害にも確かにそれらしき兆候は存在します。しかしそれはあくまでも「可能性」であって、まだ実際に被害が起こったわけではないのです。

ヤミ金の兆候を感じたのであれば、まず当所に相談をして、後はそれが確定するまでしばらく置いておく。何も起こらなければそれに越したことはないのです。

始まる前から右往左往しても良い結果にはなりません。逆に「ヤミ金だろうが、知ったことじゃないよ」と開き直ればそれはもちろん大惨事を招きます。