pose_atama_kakaeru_woman_money


■ヤミ金との約束はあてにならない

複数のヤミ金業者から借入をして「まだ返済日前だからだいじょうぶ」と思っている債務者はたくさんおられるようです。しかしヤミ金業者との口約束などまったくあてになりません。

ヤミ金業者との間には、借用書すら意味を持ちません。ヤミ金との間に交わした借用書が法的に無効であることは債務者ご自身もご承知のはず。であると同時に、ヤミ金にとっても借用書は「とりあえず作っておく」程度の意味しかありません。要するに「そろそろこの債務者はトビそう(返済できなくなりそう)だ」と踏んだら返済日の期日に関係なく一方的に取り立てを始めてしまいます。

こうなると事態は一刻を争います。ヤミ金業者も本腰を入れて最後の一銭にいたるまでお金を取り立てようとしてくるからです。するとあまりにも急の事態に債務者はパニックになってしまいます。


■ヤミ金は債務者の周囲を突いてくる

みなさまもニュースでたびたび見たことがあるはずです。ヤミ金への返済のために会社のお金を横領した人や強盗に入った人など、これらはみんなヤミ金のせいで人生を棒に振ってしまった債務者のケースです。

上記のようなものは氷山の一角です。表沙汰にはなっていませんが、親戚の家からハンコや通帳を盗み出したり、実家や義実家の不動産をヤミ金に渡してしまったという人も世の中には掃いて捨てるほどいます。

ヤミ金業者はこのように債務者の裏をかき、意表を突くかたちで唐突な嫌がらせを開始します。ヤミ金被害に遭ったと思ったら、大切なことは早めの対処。この行動こそが、ヤミ金被害を大きくしないために一番大事なことだと断言できます。