ヤミ金被害と対策 1000の法則

闇金問題と被害を回避するには。そのための1000の助言。 あなたが一刻も早くその生活から抜け出せますように。

闇金と人生の敗者

job_mizusyoubai_host


■インターネット内にはびこるソフトヤミ金


現在、インターネット内で「ソフトヤミ金」を堂々と標榜しているウェブサイトが存在していますが、彼らはすべて単なるヤミ金業者です。利息は気分次第で平気で変えますし、態度が気に入らなければどんどんペナルティという名の下に金利を増やしてゆきます。 返済ができなければ当然、嫌がらせの嵐。取り立ての際も脅迫と恫喝を繰り返すようなちんぴら同然の連中です。


■ソフトヤミ金など存在しない!


そもそも「ソフトヤミ金」という造語はつい近年、マスコミが違法金融の実態を調べたところ、出張ホストのような連中が裏で違法な金貸しをしているのを見つけたことから始まっています。ホストの仕事は女性と疑似恋愛をすることです。だから恋愛にかこつけてお金を貸し、そのお金で店に遊びに来てもらうという連鎖があったため、それをソフトヤミ金と名づけたのです。

ところが、その響きの良さからか、現在ではヤミ金業者が自分で「ソフトヤミ金」を標榜して融資を行っています。上記のような事情が存在しないのに、やわらかな態度で審査や融資を行うヤミ金など存在しません。もっといえば、そんな態度でヤミ金などやっても全部踏み倒しをされて終わりになってしまいます。

だからこそ、自分でソフトですなどというヤミ金の言葉は絶対に信用してはなりません。必ず生きるか死ぬかのような目に遭うことは間違いありません。

building_money_sarakin


■サラ金はアリ地獄に似ている

サラ金はアリ地獄に似ています。すり鉢状の穴に落ちたアリにすれば、右であっても左であっても、とにかく抜け出ることができれば助かるように見えます。でもアリ地獄の穴は、実はどう動いても必ず真ん中で口を開いているアリジゴクに捕まるようにできているのです。

債務者はサラ金の返済が厳しくなると、色々な脱出の方法を考えます。夜逃げであれ、踏み倒しであれ、自転車操業であれ、一見すると方法は色々あるように見えます。しかし実際にはアリジゴクと同様、一方通行の袋小路に入ってしまっているのです。


■苦肉の策はますます自分の首を絞める

借金の理由は、人によって本当にさまざまです。家族の生活費や医療費、不意の不祝儀のようなせっぱ詰まった人もいれば、にわかに訪れたデートのチャンス、パチスロ、競馬、キャバクラなど、遊興費に充てるための人もいます。

一社からの借入であれ、複数のサラ金から借金をしている多重債務であれ、はたまたサラ金以外の人たちから借りているのであれ、いずれにしても借金の返済ができないとなるとこれは債務超過となります。しかし居留守や逃亡の末に踏み倒しができたというケースは実はほとんどありません。とくに正規のサラ金会社であれば、これはほぼ不可能だと断言できます。サラ金会社は金利を膨大に増やした末、債務の時効寸前に、時効の延長を図るためです。

居留守も踏み倒しも意味がない。それであってもサラ金からの取立を何とかしたい。すると債務者の中には苦肉の策として、サラ金と交渉しようとする人も一定数存在します。ところがこの行動は結果的にますます債務者の首を絞めることになってしまうのです。

money_syakkin_toritate


■闇金をからかう人たち

インターネットを閲覧していると本当によくわかりますが、社会にはどうしようもない事をやりたがる人間がいっぱいいます。

数年前には警察の静止を振り切ってドローンを飛ばして逮捕された少年がいますし、成人式ではちんぴらが大騒ぎして毎年騒ぎになっています。

やくざの事務所にちょっかいをかけて大問題を引こ起こす人もいますし、自動車で煽り運転をして大事故を起こす人も存在しています。

これはごくごくたまにいるのですが、ヤミ金業者に自分からちょっかいをかけてどうしようもない状況を引き起こす人がいます。これはたとえばわざわざヤミ金に電話をかけて「おまえ、ヤミ金だって? おお、怖い怖い」などと挑発してみたり、いたずらを繰り返してみたりと言った行為です。


■ヤミ金をからかうと

ヤミ金業者にしてみれば、債務者対策は当然の事、こう言う問題が起こる事も年がら年中のようです。そしてこう言う相手を叩き潰す方法にも彼らは長けています。

実際、ヤミ金をからかった挙句、朝から晩まで脅しの電話が響き、生活もままならなくなったと言う話を聞く事もあります。こう言う人は自分の行いがいかに愚かだったのかがわかっておらず、開き直ってチンピラ同然の態度で「知ったこっちゃないよ」と豪語するような人も少なくありません。

とりわけ多いのが「借金をしようとしたらヤミ金だったことに気づいた。だからちょっと遊んでみたら、すさまじい脅しが朝から晩まで続いている」と言ったものになります。

それはそうでしょう。ヤミ金業者とは、ヤミ金融を業として営んでいるものです。当然、犯罪ではありますが、業務として行っているのですから、それで生活をしているわけです。それにも関わらず、単にからかうだけの人間が現れたらそれは怒ります。

このような内容はお金を貸した貸さないではありません。押し貸しやキャンセル金融に遭って脅されたのともわけがちがいます。相手がチンピラであることがわかっている上で、チンピラをからかってトラブルに巻き込まれたというものです。警察署に駆け込んでも顔をしかめるだけで相手をしてもらえるはずもありません。


■ヤミ金は業務として違法金融を扱っている

どんな人でも不愉快な目に遭うときがあります。大企業の経営者でも、たまにはふらりと地元の焼き鳥屋に行くことがあります。コンビニで買い物をします。そういうところで酔っぱらいに絡まれたり、態度の悪い学生店員に遭遇したりすることはあるでしょう。 

でも、彼らは一度そういう目に遭うと二度とその店には訪れません。酔っぱらいや学生を諭すのなど労力のムダですし、店のためにそんなことをする義理はどこにもありません。絡まれて殴り飛ばすのは同じような酔っぱらいですし、態度の悪い学生店員にキレるのは車高を低くした車を乗り付けたヤンキーだけです。 

後日、酔っぱらいが「殴られた」と嘆いても、学生店員が「ヤンキーに絡まれた」とグチをこぼしても、周囲の人は「そんな態度だからそんな目に遭う」と胸の内で思うだけです。気づいていないのは本人だけなのです。 

ヤミ金がからかわれた途端に怒り狂う理由もここにあります。自分と同じレベルの人間が現れたからです。ヤミ金はどうしようもない人間です。債務者が電話に出なければ、その親に電話をして、聞くに堪えないような下品な悪口を並べ立てて笑い転げます。債務者の勤め先の役員にアダルト画像などを送りつけて面白がります。 


■ヤミ金には関わってはいけない

でもそれはヤミ金がヤミ金なりに知恵を絞ってどうしたら相手が傷つくか考えて吐きつけている言葉や行動です。要するに自分が言われて一番嫌なことを相手にしているのです。だから自分がそういう言葉や行動をされると気が狂うくらい怒ります。本来ならすんなり収まるような事態でも、とんでもなく被害が広がる結果になります。

↑このページのトップヘ