kaigai_toubou_kokkyou



ヤミ金業者に対して絶対にやらない方が良い行為というものがいくつかあります。これは一言でいえば、ヤミ金の悪意を増長させる行為のことです。

大きくわければ、以下の3つです。

■開き直り・居直り

ヤミ金からお金を借りた後、返済するそぶりがあるうちはまだヤミ金業者も冷静に話をしてきます。しかしジャンプ金(金利のみの返済)すらもできなくなり、返済が滞った後、多くの債務者は携帯電話の電源を落としてしまうでしょう。このとき、ヤミ金は本気で嫌がらせを開始してきます。

ところがそれとは別にヤミ金と連絡を取って「返せない」だけを連呼してヤミ金が諦めるのを待つ人もいます。この開き直り・居直りはヤミ金業者に対しては絶対にNGな行為。ありとあらゆる嫌がらせが始まる上、ヤミ金の中には暴力も厭わない者も存在します。また「だったら働き口を紹介してやるよ」と始まるヤミ金もいます。もちろんこの世の地獄です。

■からかい

また、ヤミ金をからかう行為ももちろん絶対にダメです。ヤミ金業者は暴力をいとわない本物の犯罪者です。ちょっとつっぱりかけた大学生などがおもしろ半分にヤミ金をからかうケースがまれにありますが、学生の通う学校どころか、その親御さんも勤め先もヤミ金にめちゃくちゃにされたという話も存在します。

■一発トビ

それと、いわゆる「一発トビ」を狙う債務者が世の中にはいますが、これもヤミ金を激怒させます。返す気もなくて借金をしたのだとヤミ金に思われるとヤミ金はメンツのためにどこまでも追ってくることになりかねません。