ヤミ金被害と対策 1000の法則

闇金問題と被害を回避するには。そのための1000の助言。 あなたが一刻も早くその生活から抜け出せますように。

債務者

pose_atama_kakaeru_woman_money


■ヤミ金との約束はあてにならない

複数のヤミ金業者から借入をして「まだ返済日前だからだいじょうぶ」と思っている債務者はたくさんおられるようです。しかしヤミ金業者との口約束などまったくあてになりません。

ヤミ金業者との間には、借用書すら意味を持ちません。ヤミ金との間に交わした借用書が法的に無効であることは債務者ご自身もご承知のはず。であると同時に、ヤミ金にとっても借用書は「とりあえず作っておく」程度の意味しかありません。要するに「そろそろこの債務者はトビそう(返済できなくなりそう)だ」と踏んだら返済日の期日に関係なく一方的に取り立てを始めてしまいます。

こうなると事態は一刻を争います。ヤミ金業者も本腰を入れて最後の一銭にいたるまでお金を取り立てようとしてくるからです。するとあまりにも急の事態に債務者はパニックになってしまいます。


■ヤミ金は債務者の周囲を突いてくる

みなさまもニュースでたびたび見たことがあるはずです。ヤミ金への返済のために会社のお金を横領した人や強盗に入った人など、これらはみんなヤミ金のせいで人生を棒に振ってしまった債務者のケースです。

上記のようなものは氷山の一角です。表沙汰にはなっていませんが、親戚の家からハンコや通帳を盗み出したり、実家や義実家の不動産をヤミ金に渡してしまったという人も世の中には掃いて捨てるほどいます。

ヤミ金業者はこのように債務者の裏をかき、意表を突くかたちで唐突な嫌がらせを開始します。ヤミ金被害に遭ったと思ったら、大切なことは早めの対処。この行動こそが、ヤミ金被害を大きくしないために一番大事なことだと断言できます。

sagishi_man



■何をもってヤミ金業者とするのか

ヤミ金業者というものは、ざっくりと法律的に述べると、無登録で法定金利を逸脱した融資を行い、脅迫的な言動で取り立てを行う業者であるものです。

しかし、現実問題では何をもってヤミ金業者と判断するのか容易ではないケースも存在します。たとえば一般の方が、インターネット内で「お金を貸します」という個人の書き込みを見かけたとしましょう。

この相手が違法な金利を取っていたとしても、たとえばヤミ金につきものの「初回金利」や返済の利息を含めた分を借用書として作った場合、ぱっと見には債務者は金利を含めた返済額が元金のように見えます。

またこのような個人の人間が取り立てを行い、それが違法であったとしても債権者側は「別に俺はヤミ金のように業として行っているわけではないから」としらばっくれることもあるでしょう。

こういう場合、警察も動きにくいのが実際のところです。このため、債務者の中には「こういう個人はヤミ金じゃないのかな」と思ってしまう人もいるようです。

しかし当所にすればこれらの行為はすべて立派なヤミ金。もちろん法的にそうであるだけではなく、当所としてはヤミ金業者のしらばっくれた言動を一瞬でひっくり返すことができます。

普通の生活をしている方からすると、何をもってヤミ金とするのかわかりにくい業者もたくさん存在しています。そしてそれがいざヤミ金業者だったらどうなるのでしょうか。

■ヤミ金という響きを軽々しくとらえない

「ウシジマくん」や「ミナミの帝王」のようなまんがの影響でヤミ金業者は比較的ポピュラーな存在として社会に認識されつつあります。イロモノ・キワモノを扱う作品として、ヤミ金は確かにおもしろいものでしょう。


しかし、まんがの内容を信じて「これがヤミ金なんだ」などと思うとえらいことになります。とくにエログロ雑誌やまんが・映画の影響でヤミ金を踏み倒そうなどと画策した場合、襟首をつかまれてケタオチ飯場、いわゆるタコ部屋労働で監禁されてしまえば、もう逃げ出すこともできなくなる可能性も十二分にあります。

「ヤミ金業者」と一口でいっても、ちんぴらやら半グレの連中が行っているものもあれば、個人が自分でヤミ金だと認識しておらずに内々でお金を融通させているものもあります。やくざなどの反社会的勢力が加担しているものもあれば、詐欺師のグループがオレオレ詐欺などと併せて犯罪を行っているものもあります。

ヤミ金業者はごく一般の社会の人が関わるものではありません。そのような犯罪に鼻を突っ込むべきでは断じてないのです。しかし暴力団の世界には「もめごとはどんどんやれ。金になるから」という言葉があります。放っておいても一方的にこちらに関わってくるものは犯罪でもあるのです。

だからこそ、まずはヤミ金と思しきものは近寄らないこと。そして万一ヤミ金被害に遭ってしまったのであれば、一分でも一秒でも早く対策を講じることです。

kaigai_toubou_kokkyou



ヤミ金業者に対して絶対にやらない方が良い行為というものがいくつかあります。これは一言でいえば、ヤミ金の悪意を増長させる行為のことです。

大きくわければ、以下の3つです。

■開き直り・居直り

ヤミ金からお金を借りた後、返済するそぶりがあるうちはまだヤミ金業者も冷静に話をしてきます。しかしジャンプ金(金利のみの返済)すらもできなくなり、返済が滞った後、多くの債務者は携帯電話の電源を落としてしまうでしょう。このとき、ヤミ金は本気で嫌がらせを開始してきます。

ところがそれとは別にヤミ金と連絡を取って「返せない」だけを連呼してヤミ金が諦めるのを待つ人もいます。この開き直り・居直りはヤミ金業者に対しては絶対にNGな行為。ありとあらゆる嫌がらせが始まる上、ヤミ金の中には暴力も厭わない者も存在します。また「だったら働き口を紹介してやるよ」と始まるヤミ金もいます。もちろんこの世の地獄です。

■からかい

また、ヤミ金をからかう行為ももちろん絶対にダメです。ヤミ金業者は暴力をいとわない本物の犯罪者です。ちょっとつっぱりかけた大学生などがおもしろ半分にヤミ金をからかうケースがまれにありますが、学生の通う学校どころか、その親御さんも勤め先もヤミ金にめちゃくちゃにされたという話も存在します。

■一発トビ

それと、いわゆる「一発トビ」を狙う債務者が世の中にはいますが、これもヤミ金を激怒させます。返す気もなくて借金をしたのだとヤミ金に思われるとヤミ金はメンツのためにどこまでも追ってくることになりかねません。

news_fake_dema

■ヤミ金被害に遭うとついパニックに

ブログ記事を書いている側としては忸怩たる思いもありますが、ネット内のヤミ金記事の多くは「ガセネタ」が多いため、注意が必要です。

ヤミ金から嫌がらせや取立を受けた際、債務者はほとんど反射的にパニックに陥ってしまいます。するとどうなるか。ヤミ金の言葉に従わなかったり、もしくは用立てもできないのに何とか返済すると確約した場合、どうすればいいんだろうとばかりにひたすらに情報を探し回ります。

この「情報」が第一のワナ。今の時代、ほとんど人がスマホを持っています。そこでスマホを使ってインターネットをのぞくとどうなるでしょうか。ネット内に転がっているバナー広告のアフィリエイトサイトや、2ちゃんねるのような掲示板、SNSや個人ブログでの「ヤミ金体験談」のようなものがゴロゴロしています。

しかし、これに飛びつくと「絶対に」ヤミ金被害は大問題へと発展します。少し考えてみてください。アフィリエイトサイトというのはどこの誰が作ったのかわかるでしょうか。その知識をどこから仕入れているかわかるでしょうか。

■「ヤミ金踏み倒し体験」は信用しない

アフィリエイトサイトというのはヒマな大学生やら専業主婦が小遣い稼ぎに作るものです。当然彼らはヤミ金の「ヤ」の字も知りません。そこで書き散らした情報を、ヤミ金被害者がうのみにして、人生を破滅させるような大問題に遭遇しても一切責任を取りません。また責任を問いたくても、彼らを訴える方法はありません。ガセネタだらけなのです。

また、2ちゃんねるのような匿名掲示板も同じです。2ちゃんねるの書き込みなど世界の誰一人として信用しません。無料だからといってそんな匿名記事をうのみにすれば大失敗するのです。

個人ブログやエログロ雑誌の「ヤミ金踏み倒し体験」なども同じです。ネオンのようにギラギラした内容は、それは読み物としてはおもしろいでしょう。でも、本当にヤミ金被害に遭っている人がそんなものを真に受けていたら、取り返しのつかない事態になります。

↑このページのトップヘ