ヤミ金被害と対策 1000の法則

闇金問題と被害を回避するには。そのための1000の助言。 あなたが一刻も早くその生活から抜け出せますように。

取立

creditcard_syakkin



ヤミ金業者から借入をする人の多くは、既に家族・友だち・会社の同僚、またサラ金など、さまざまなところから借金を重ねています。とくにサラ金の場合は返済をしないと差し押さえを食らう可能性が極端に高いため、債務者の多くはサラ金への返済を優先します。

これはひっくり返せば、サラ金以外の債権者への返済は後回しになっているということ。返すにしてもなるべく遅くにしたいし、もし取立や催促をされないのであれば、踏み倒しをしたいと思っている債務者も少なくないはずです。

ヤミ金への融資を頼む債務者のほとんどは、このような状況です。だからこそヤミ金は真っ先に踏み倒しをされる標的にされかねないことを熟知しています。そして、だからこそ暴力や脅迫もいとわないすさまじい嫌がらせと取り立てを行うのです。

ヤミ金業者は債務者が踏み倒しを試みることをわかっています。そしてもし踏み倒しをしようという思惑を少しでも見せるのであれば、徹底して攻撃を開始してきます。とくに仕事先などに嫌がらせをされた後、債務者個人を追い詰めるパターンはヤミ金の中でも最悪の状況。

これはつまり、返済にも興味がなく、単に債務者を徹底的に破滅させようという気持ちになっているためです。ヤミ金業者にも色々あり、ビジネスライクでドライなところもあれば、陰湿な性格で、最終的には逮捕のリスクも度外視してくるような連中も存在しています。

この見極めができなかった債務者の中には「家族も離散させられ、会社もクビにされ、住む場所もなくなってもうすべて終わりです」となります。

ヤミ金に対して犯罪者だからと軽々しく踏み倒しを考えると、上記のようなパターンになる可能性も十二分にあります。

isogu_patoka-


ヤミ金被害を受けると、毎日のようにヤミ金に殺すと脅されたり、目玉を潰すだの、指を切り落とすだのといわれるようになります。

ただし、殺されるかと言われるとその可能性は高くありません。ヤミ金というのは違法犯罪の業種であって、それを行っている人間はさまざまです。だから絶対に殺されないという保証はできませんが、ヤミ金から殺される確率は非常に低いと思って問題はありません。

ヤミ金業者の取り立ては、基本的には間接的な嫌がらせです。取り立てのために家にきたという事案もたまにはありますが、その場合、トカゲの尻尾きりのような末端の使いっ走りだったり、もしくはサラ金業者が個人でお金を貸していたりということが多いのです。

前者のような使いっ走りであれば、警察を呼んで逮捕をしたところでヤミ金業者自体は痛くもかゆくもありません。またサラ金業者が個人でお金を貸しているケースでは、あくまでも暴力を奮うような取り立てに出る確率は低いはずです。というのは、そこで暴力を奮ったりすればサラ金業者自身が会社をクビになってしまうからです。

いわゆるオーソドックスなヤミ金は、たとえば消防車を呼んだり、朝から晩まで何百件も取り立ての電話を入れたり、家族や勤め先を脅すことがほとんどです。

ヤミ金被害に遭った人の一部は殺されるかもしれないと本当に心から怯えていたり、恐怖に苦しんでいたりします。

ヤミ金に脅された場合、被害者の方はまず「だいじょうぶなんだ。殺されたりはしないんだ」と強く意識しておきましょう。そのときヤミ金が勘づいて「おまえ、口ばっかりだと思ってるだろう」などといっても、それも含めてウソなのです。

ヤミ金とは詐欺師です。ウソをつくのが仕事なのです。それを理解した上で具体的な被害の解決に着手すべき。命の危機に瀕する可能性はまずないと知っておいてください。

↑このページのトップヘ