ヤミ金被害と対策 1000の法則

闇金問題と被害を回避するには。そのための1000の助言。 あなたが一刻も早くその生活から抜け出せますように。

弁護士

sick_panic_man


■弁護士・司法書士でも悪人は存在する


ヤミ金から取り立てをされれば誰だってパニックになってしまいます。大至急の対策を考えてヤミ金被害を処理してくれる弁護士を探す人も多いはずです。

しかし、たとえばインターネット内でヤミ金被害を解決しますと標榜している弁護士・司法書士ですら能力はさまざま。

能力の低い弁護士・司法書士の中にはヤミ金被害の対策の受任をしたにも関わらず、なかば丸投げで放置したり、後回しにされたりした債務者の方もいるようです。

これでは何のために委任をしたのかわかりません。ですが、中にはもっとひどい悪徳弁護士・司法書士も存在します。弁護士・司法書士のような法律家であればみんな人格者であると思うのは大間違いです。人間である以上、たとえどんな業種であれ、良い人間もいれば悪い人間もいるものです。

世の中には悪人も同然の弁護士や司法書士が存在します。法律の抜け穴さえ見つければ何をやっても良いと考えているような連中です。サラ金会社にも顧問弁護士がついていますが、大手のサラ金であればそれはあくまでも駆け引き、和解交渉のために法律を利用しているに過ぎません。

■信用できる法律家か疑う心のゆとりを

まして世の中には反社会的勢力と結託しているような弁護士も存在しています。具体的にいえばヤミ金業者と結託して裏で顧客名簿を流したりする者です。もしくは「嫌がらせを止めるかわりに○○という弁護士(司法書士)に対策を委任しろ」とヤミ金にいわれたというようなケース。もちろんこれもヤミ金業者と結託していることは明白です。

食い詰め弁護士や司法書士は今では社会にごまんと存在しています。ヤミ金被害に遭った際、大慌てでとにかく近くの弁護士事務所に駆け込む人もいますが、それは到底おすすめできるものではありません。最悪であれば上記のような悪徳弁護士・司法書士に遭遇してしまう可能性も否めないのです。

ヤミ金被害に遭った際には、まず落ち着いて、本当に信用できる弁護士・司法書士であるかを確認する心のゆとりを持つように心がけましょう。

building_law_houritsu

■ヤミ金被害の対策には弁護士か司法書士の資格が必須

ヤミ金被害の解決は今や無数の事務所が存在しています。ただし、ヤミ金被害を解決するには必ず弁護士・司法書士の資格が必要になります。他の資格、たとえば行政書士・警備会社・探偵会社・NPO法人や社団法人などはまずモグリと考えて良いでしょう。

モグリの業者がヤミ金被害の相談を受け付けた場合、最初からまったくやる気のない詐欺である可能性があります。よしんばヤミ金業者と交渉をしたとしても、ヤミ金業者は彼らが無資格であることを知っているため、相手にしません。また、債務者に対して「なんでこんなところに連絡をしているの?」と嫌がらせの嵐に遭う可能性もあります。

無資格のヤミ金解決業者に関わるということは、極端なたとえでいえば、ちんぴらに脅されたからやくざに頼るというようなもの。その後、どんなリスクが生じるかは誰にもわかりません。



■弁護士・司法書士の資格があっても

では弁護士・司法書士の資格があれば良いかといえば、資格があるだけではヤミ金被害の解決はできません。

あまり大きな声ではいいたくありませんが、ときどき当所が受けるヤミ金相談の中には「ヤミ金被害の解決を謳っているある事務所に委任をしたところ、一向に電話が鳴り止みません。事務所に連絡をしたら『元金を振り込めば終わらせると向こうが言っています』といわれました。でも、もうお金がありません」というものがあります。

ヤミ金被害の解決の費用を払っているにも関わらず、さらに元金の返済を求める。これでは何のためにヤミ金解決業者に委任をしたのかわかりません。

↑このページのトップヘ