money_tokusokujou


「明日がヤミ金への返済日ですが、お金が足りません」という問題はヤミ金被害者にはつきものです。これは早急に解決しなければ、まずヤミ金から激しい取立を受けることになってしまう問題です。 でも、注意していただきたいのは、ヤミ金の指定する返済日そのものがまず信用できないということです。

ヤミ金の指定する返済日は信用できない。これには2つの意味があります。1つは振り込み日そのものがヤミ金のワナであるパターン。ある意味でオーソドックスなヤミ金の手口です。たとえば振り込みをしてもヤミ金から「前日連絡がなければダメ」とか「一括完済は認めてない」などといわれる類が挙げられます。

それ以外にもう1つ。そもそもヤミ金が返済日を「○日」などといったところで、その日付そのものが信用できないというパターンもあります。たとえばキャンセル詐欺のように、借りてもいないのに取立を始めたり、押し貸しをする手口。また、一週間後が返済日と言いながら、借りた三日後から取立が始まる手口。逆に一回完済したにも関わらず、取立を続ける手口も含まれます。

ヤミ金業者は被害者に対して、何を言って、何をしてくるのかわからない面があります。要するに「金をよこせ」以外、あとの言葉は全部その場その場で適当なことを述べているに過ぎません。ヤミ金の返済日などまったくあてにならないのです。

できれば返済日が迫るよりも早く、まず当所に無料相談だけでもしておく。もし返済日が来てしまったのであれば、被害が生じる前に一分一秒でも早く対策をする。それが被害に遭わないために何よりも大切なことなのです。